内容

フードロスが問題であり、話題になっています。

先進国、特に日本は食品ロスが多いと言われています。

フードロスは、どこで起こっているのでしょうか。

御家庭の冷蔵庫。

ケータリングの食事の残飯。

スーパーの売れ残り。

出荷調整による廃棄。

形状の問題による廃棄。

など、さまざまな段階でロスがでています。

『出されたものはきれいに食べなさい』

と、今も昔も、そう教えられると思いますが、

食事として出される前に、多くのロスが起きているのが現状です。

国連が定める2030年までに達成する17の持続可能な開発目標(SDGs)の

「12:つくる責任つかう責任」としても扱われております。

さらにその中の3番目(12.3)には次のような記載があります。

「2030年までに小売・消費レベルにおける世界全体の1人当たりの

食料の廃棄を半減させ、収穫後損失などの生産・サプライチェーンにおける

食品ロスを減少させる。」

その課題を解決に向かわすべく

新しいサービスができました。

フードシェアリングプラットフォームの

tabeloop
https://tabeloop.me/

です。

tabeloop とは売り手と買い手をつなぐプラットフォームです。

良質な食品だけど余剰になり、このままだと大量に廃棄せざるを得ない…

そんな食材や加工品を、売り手さんが直接出品。

お得にご購入いただける食品ロスを少なくできるサービスです。

今回はtabeloop を運営する、佐治祐二郎氏 (バリュードライバーズ株式会社 代表取締役)

に御登壇いただき、

食品ロスの問題やそれを解決に向かわせるために

何が必要で、できる事は何か。

食品ロス解決へ向けたサービスである、

tabeloopに、ついてもお話いただきます。

日時・場所など

______________________
6月10日月曜日 18時−20時
会場 四ツ谷ビジネスラウンジ
住所 東京都千代田区六番町6-4 
      LH番町スクエア5F
テーマ:フードロス削減の為に何ができるか
会費 :5,000円
講師 ;  佐治祐二郎 氏   バリュードライバーズ株式会社 代表取締役
  http://www.value-d.co.jp/
______________________